専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

1万円利用時の返済計画

カードローンでは借り入れできる金額に制限があります。最高金額は審査時に決定しますが、最低金額もあります。例えば1,000円だけ借り入れができるカードローンもありますが、多くは1万円からの借り入れになります。

実際に1万円だけ借入れした場合、一括で翌月に返済するのか、分割で返済するのか、これについては自由に選択できるケースがほとんどです。たった1万円で返済計画というと大げさな感じがしますが、長期にわたって返済をすることも可能です。

1万円を借りた場合の返済額

1万円借りた場合の毎月の返済額は、カードローン会社によって返済方式は違いますが、低いところであれば1,000円ずつの支払いも可能となります。この場合には、こちらから何もしなければ、毎月1,000円ずつ返済をしていくことになります。

1万円なら利息もほとんどかからないので、1年も経たずに完済できます。さっと1万円を借りられて、毎月1,000円だけ返済すればいいとなれば、お得に見える気もします。

ただ、1万円だけの返済に1年もかけるのは嫌だという人の方が多いかもしれません。その場合には、一括での完済、もしくは3回くらいに分けて完済など、意外と自由に返済ができます。

毎月の返済額については、最低金額が設定されていると考えればわかりやすいかもしれません。希望であれば2,000円返済しても良いですし、10,000円と利息分を1回で返済しても大丈夫です。

ただし、一か月放置しておいて翌月にまとめて2,000円返済するということはできません。毎月最低1,000円は返済してもらい、それ以上の金額は自由に返済していいです、という流れになります。

また1万円借りる

最初の利用で1万円借りて、またお金に困った場合には追加で1万円借りても問題ありません。カードが発行されている時点で審査に通っているので、2回目からは限度額の範囲内なら自由に借り入れができます。

カードローンの契約は繰り返しの利用が出来るようになっているものがほとんどのため、例えば限度額が10万円となっていれば、1万円を借りていていても追加で9万円までは利用可能となります。もちろん1万円を借りて完済をした後でも、解約をしなければ再び利用が出来ます。

カードローンの利用は繰り返し使える利便性を考えると、一度に限度額いっぱいまで借りる必要はありません。必要な金額だけを借りるようにし、最低限の利用に留めておけば返済負担も軽くなります。

足りないと思えば追加での利用をすれば良いだけなので、1万円ずつの利用でも、1,000円単位で借りられるなら数千円でも、自身が必要とする金額だけカードローンで借りるようにしましょう。

トップへ戻る