専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

使い道自由なカードローン

通常のローンとカードローンの一番の違いは、使い道が自由な点です。通常のローンとは、よく利用されるのが住宅ローンや車のローンです。

これらの使い道は住宅や車の購入資金と、目的がはっきりしています。通常は直接現金を手にするわけではなく、そのまま購入資金として使われます。例えば車のローンを組んで、もらったお金の一部で旅行に行くわけにはいきません。

カードローンの場合は、基本的に現金を直接受け取るので、多くの場合で事業性資金を除く生計費であれば、基本は自由に使えます。例えば10万円を引き出して、5万円は生活費の支払いに、残りの5万円は趣味の費用に使っても問題ありません。また、5万円だけ引出して、残りは枠としていざという時のためにとっておいても大丈夫です。

住宅ローンが住宅の購入という目的に限定されるのに対して、カードローンは幅広いトラブルへの備えとして利用できます。

申し込み時に申告する利用目的

使い道自由なカードローンですが、申し込み手続き時には必ず利用目的を聞かれます。使い道が自由なのに何故利用目的を伝えなければならないのか、これは暗に認められない利用目的があるからです。

例えば知人からお金を貸してくれるよう頼まれて、理由を聞いたらギャンブルで使いたいと言われたら、どう思うでしょうか。感覚は人それぞれですが、多くの方はまともに返ってくるとは考えられません。他にも犯罪目的やとても正しいとは言えない用途のためと言われても、貸すのをためらうでしょう。

カードローンの申し込み時には審査で返済可能かどうかを診断しますが、利用目的も重要な判断項目となります。ここの返答次第で何らかの影響が出る可能性もあるので、注意をしなければいけません。

とはいえ、カードローンの性質上、レジャー目的であっても審査にはそれ程悪い影響は与えません。ギャンブルが問題なのは、返済される保証がほとんどないと判断されるからです。

申告する使い道以外で借りる

真面目な利用者に中には、申し込み時に申告した目的以外で、カードローンのお金を使ってはいけないと考える人もいるかもしれません。実際には、審査に通った後の使用目的は本人の自由です。

例えば急な治療費でカードローンを利用したとします。その後またお金に困って、生活費の補填で借り入れを行ったとしても全く問題ありません。また、その際にいちいち使い道についてカード会社に申告する必要もありません。目的を聞かれるのはあくまでも初回のみで、次回からは目的に応じて自由に利用できます。

トップへ戻る