専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

頻繁に利用した方がいいのか

カードローンの利用は、お金を借りる行為です。お金に困っているのでもなければ、お金を借りる行為を善しとする人は少ないでしょう。それはもちろんそうなのですが、カードローンに限って言えば、頻繁に利用するとメリットを得られる理由がいくつかあります。

カードローンを利用するという行為には二つの側面があります。お金の貸し借りが発生するという面の他に、カード会社との付き合いができるという点です。付き合いができるという点において考えれば、それによって信用を得たり失ったりするきっかけになります。

利用すれば信用が増える

カードローンの利用にあたって、してはいけない事は返済の遅延です。毎月の利用履歴は信用情報機関に記録として残ります。信用情報に傷がつくと、カードローンの審査だけでなくクレジットカードやローン、分割支払いすらできなくなってしまいます。

ただし、返済さえきちんとしていれば、利用するほどカードローンの信用を得ることができます。この人はきちんと返済を行っているという履歴も、信用情報機関に記録として残ります。頻繁に借り入れして返済してを繰り返すことで、信用が高まってきます。

信用が高まると3つのメリットがある

信用が高まると、増額の話が来ることがあります。頻繁にカードローンを利用していると、借り入れできる金額を増やしませんかと、カード会社側から連絡がきます。増額されれば今まで以上に大きなお金の借り入れができるようになります。

もちろん限度額いっぱいまで借りる必要はないので、いざという時の備えとして増額に応じるのも一つの手です。

また、信用が高まることにより、金利が低くなることがあります。金利が低くなれば払う利息が減るので、今までよりもお得に利用できます。現状の金利を引き下げるという知らせがカード会社から来るのは、とてもうれしいものです。

クレジットヒストリー

頻繁にお金のやり取りを繰り返すことで、信用情報の履歴がよくなることがあります。信用情報については、カードローンの利用を否定的にとらえる人もいます。しかし、例えばクレジットカードの審査においては、カードローンの利用履歴がない人の方が審査に通らないことがある位です。

クレジットカードの審査においては、カードローンやクレジットカードの利用履歴が無い人が、急にクレジットカードを持ちたいといえば警戒する傾向があります。

今までキャッシング関連の利用履歴がない人が、急にクレジットカードを持とうと思うのには、お金について切羽詰まった事情があるのではと感じるのは当然かもしれません。カードローンの利用履歴があるならば、クレジットカードの審査には有利に働く可能性もあります。

トップへ戻る