専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

基本となっていること

カードローン利用経験者であれば誰でも知っている、意外な常識があります。

カードローンと言えば、契約をしていればいつでもお金の引き出しができますが、申し込みに保証人も必要としません。ドラマなどで、知人の保証人になって借金を背負うような話があります。カードローンではこのような心配は無用です。

また、担保も必要がないので、持ち家などの資産がなくても申込みが可能です。保証人や担保不要で利用ができるというメリットは、とても大きいです。

担保や保証人が不要の良さ

担保や保証人が不要であれば、手続きがすぐに行えるメリットがあります。もしも保証人が必要であれば、まずは保証人になってくれる人を探すところから始めなくてはいけません。保証人になりたいという人はいないので、親類で見つからなければ非常に苦労します。

そのため、ローン契約で保証人が必要な場合には、申し込みの手続き時間よりも、保証人を探す日数の方が時間がかかる可能性が高いほどです。

もう1つ重要なメリットとして、他の人に内緒で利用ができます。保証人を立てるという時点で、少なくとも保証人にはローンの申し込みがばれてしまいます。その点、保証人不要であれば、自分一人で手続きができるので、人にばれる可能性はそれだけ低くなります。

最後に、人に迷惑をかけないというメリットがあります。ローンの重大な返済の遅れが生じた場合は、金融会社は保証人に返済を請求するようになります。ただのわがままで返済をしない場合はもちろん、返済途中に病気などで返済が滞ってしまうような場合でも、保証人に迷惑をかける結果になります。

保証人が不要であるカードローンであれば、こういった迷惑をかけずに利用が出来るのです。

保証人が不要な理由

保証人不要なカードローンは、今ならいくらでも見つかります。しかし、カード会社が貸し付けたお金が、必ず戻ってくるという保証はありません。借りたお金を返してもらえなければ、カード会社は赤字になってしまいます。それでも保証人不要でサービスを提供している理由が2つあります。

1つには利用者の利便性を考慮している点があります。利用したくても保証人が必要となれば、カードローンのハードルは高くなり、利用者が減ってしまいます。保証人や担保を不要にすれば、利用しやすくなるので利用者も増えます。

2つ目の理由として、保証会社を別に立てることでこのようなサービスを可能にしています。保証会社は個人ではなく、今は提携しているクレジット会社や消費者金融などがその役割を果たすのが一般的です。

一見無茶な保証人不要のカードローンは、銀行が保証人の役割を果たすから成立しているのです。

トップへ戻る