専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

完済後の契約の扱い

以前利用していて、今は完済しているカードローンについて、そのままでいいのか解約した方がいいのか、これは意外と悩む問題です。

悩む理由の1つとして、完済していればカードを持っていても、年会費などの維持費がかからないものがほとんどです。解約しなくてもお金がかからないのであればそのままでも問題なさそうですが、契約したままの状態が落ち着かないと感じる人もいます。

どちらが良いかは、解約をすることによるメリット、デメリットを抑えた上で考えるようにしましょう。解約自体はいつでも簡単に行えるので、考えてから結論を出しても遅くはありません。

カードローン解約のメリット

解約することによるメリットはいくつかあります。契約している間は、いつでも簡単に借り入れができますが、意思が弱ければ、ついまた使ってしまう可能性があります。解約してしまえば、再度利用したい時には面倒な申し込み手続きからです。簡単には利用できないので、つい使いすぎてしまうというリスクは抑えることができます。

また、契約している間は限度額が設定されていますが、これが他社のカードローンやクレジットカード、自動車などのローンの審査に影響することがあります。年収に対して大きすぎる金額のローンは組めないのですが、大体は他社なども含めた総額で判断されます。解約することで、他のローンを組みやすくなります。

その他、カードローンの解約による開放感も、メリットと感じる人も多いでしょう。

カードローン解約のデメリット

解約によるデメリットは、次にお金に困った時に面倒だという点です。その時には、また申し込み手続きから始めなければいけません。特に緊急時や、手続きの暇が取れない場合には困ってしまいます。次に利用する機会はないと割り切れるなら解約してもいいですが、そうでないなら手間がかかってしまいます。

また、カードローンの申し込みには審査があります。以前の利用時に支払い遅れたあった場合、次回の審査が通る保証はありません。過去の利用履歴も記録として残っているので、他社カードローンも含め、審査に影響が出ます。加えて、収入や雇用形態の変化による影響も出てくるでしょう。

今では、昔に比べるとカードローンの審査は厳しくなっている傾向にあります。以前に審査に通ったからといって、次回も通るとは限らないのです。

解約のデメリットは、次回手続きが面倒だという点よりも、次回も審査があるという点の方が重要です。とはいっても、きちんと返済を行っていて、普通に働いていれば、審査はそれ程までに警戒をする必要がないとも言えます。

トップへ戻る