専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

大手なら安心?

カードローンといってもたくさんの種類があります。どこのカードローンが自分に合っているのか、消費者金融、銀行、大手、中小と様々です。一番安定していてお得そうなのは、大手の銀行だと考える人は多いでしょう。

実際、大手銀行のカードローンは限度額や金利などを見てみても、他と比べて優遇されています。安心して利用できるから、大手の銀行のカードローンへ申し込もうという考えは間違ってはいません。

ただし、これはあくまでも申し込みを急いでいない場合や、審査に問題が無い場合での話で、融資スピードや審査の基準を重視するのであれば、一度条件を考えてから申し込んだいいのかもしれません。

大手銀行はすぐに貸してくれるのか

手銀行の場合、申し込みをしてすぐにお金を貸出ししてくれるのか、これは利用ケースによっては重要な問題です。急な出費ですぐにでもお金が必要な時、金利で優遇されていたとしても、間に合わなければ意味がありません。

種類にもよりますが、大手の銀行であっても即日で融資可能なカードローンは珍しくもなくなりました。つまり、大手銀行でも急ぎの出費に対応してくれる可能性は十分にあります。

ただし、これは消費者金融などにも言えることですが、即日融資には落とし穴があります。申し込みや審査は最短即日で行えても、融資が夜間や土日は対応していない場合があります。また、特に大手銀行の場合は、その銀行の口座を持っていないと即日での手続きが間に合わない場合もあります。

即日融資の条件についてあらかじめ確認しておかないと、思わぬ落とし穴で後悔する場合もあります。

大手銀行の審査は厳しい?

消費者金融や中小企業と比べると、大手銀行のカードローン審査は厳しめだと言われています。これは金利について考えると納得できる部分です。

大手銀行の場合は金利が低めに設定されている場合が多いです。金利が低い場合、それだけ確実に回収を行う必要があるので、きちんと返済してくれる人にしか貸出しを行えません。それだけ審査も厳しくせざるを得ないのは、当然と言えます。

覚悟しておきたい点

大手銀行のカードローンに申し込む前に、断られた場合のリスクについて覚悟はしておきましょう。これは大手銀行に限らず、カードローンの審査を受けると信用情報に記録として残ります。複数のカードローンの審査に落ちてしまうと、他社のカードローンの審査にも影響を与えてしまいます。

大手銀行のカードローンを申し込むなら、信用情報に問題がないか考える必要もありますし、落ちた後は審査基準の低いカードローンに狙いを変える必要も出てくるでしょう。

トップへ戻る