専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

審査に落ちたらどうすべきか

お金に困ってしまってカードローンを申し込んだのにまさかの審査落ち、誰でも焦ります。審査に落ちた時にまずすべきなのは、他社のカードローンへの申し込みだと考える人が本当に多いです。緊急でお金が必要であればこそ、そう考えるのは無理もありません。

しかし、そのような時こそ落ち着いて対処しないと、本当にどこからも借りられなくなってしまいます。カードローンの審査に落ちてもあわてずに、まずはなぜ落ちてしまったのかを考えましょう。理由はいくつか考えられますが、内容によっては何度受けても落ちてしまう可能性もあります。

これだけは押さえておきたいというポイントを知っておかないと、何度やっても同じ結果になってしまいます。

この理由で落ちると他でも無理

カードローンは他社での滞納があると、基本的に審査は通りません。滞納の情報は信用情報機関に問い合わせるとすぐにわかってしまいます。カードローンだけでなく、クレジットカードの支払いやローンの支払いについても同様です。

現時点での滞納ではなく、過去に数日程度ならそれ程影響ありませんが、数か月の滞納は深刻で、他社のカードローンはもちろん、それ以外のクレジットカードやローンの審査も通らなくなります。滞納が原因の場合はまずは滞納を何とかしなければ、カードローンを組むことは困難です。

また、金額が大きすぎる場合も審査に通りません。総量規制という法律によって、消費者金融からの借り入れは年収の1/3までと決まっています。例えば年収が180万円なら、60万円を超える金額の借り入れは断られてしまいます。年収に対する借り入れ総額での話なので、すでに他社で40万円まで借り入れしていたとしたら、残りの20万円までが限度額となります。

総量規制に引っ掛かるようであれば、審査が厳しそうであっても銀行の方が可能性があります。銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える貸し付け、つまり本人は無収入の専業主婦の方であっても、借り入れがOKとする場合があります。

どこからも借りられなくなる

他社に滞納がないか、総量規制に引っ掛かっていないかを確認して、問題ないなら他社で申し込みです。ただし、手当たり次第に申し込めばいいというわけでもありません。

立て続けに何社も申し込みをして審査を受けると、カードローンの業界では申し込みブラックと呼ばれている状態になってしまいます。複数の業者に短い期間にまとめて申し込みをすると、どこのカードローンの審査も通らなくなります。

1社ではなく複数にまとめて申し込むと、余程お金に困っているのではと判断されて、融資を断られてしまうのです。具体的に何社までといった線引きはありませんが、多くの業者への申し込みは重ねるごとに審査に悪影響が出ると考えておきましょう。

トップへ戻る