専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

金利は本当に下がるのか

カードローンを選ぶ基準はいくつかあります。店舗の多さやATMの営業時間などもありますが、最も重要視されるのは金利ではないでしょうか。金利が低ければ払う利息も少なくなるので、特に長く利用するなら金利は重要です。

カードローンを申し込むと金額によって金利が設定されますが、借り入れ金額が大きくなると金利は下がる傾向にはあります。もしも今のままの利用額でも金利を下がる方法があるとしたら、カードローンをより便利に利用できます。

借り入れ額を増やす以外で金利を下げる方法は、大きく3つあります。

申告情報を更新する

カードローン申し込み時には勤務形態や年収、家族構成などを申告しますが、2回目からの利用時にはカードからお金を引出す作業のみとなります。もし勤務形態や年収などがより有利な条件になっているならば、申告情報を更新してみることで金利が下がることがあります。

ただし、この方法では年収が上がるなどの良い条件の変化がなければ、必ずしも有効とは言えません。

直接交渉をする

金利を下げるよう直接交渉するというのは、意外と有効な方法です。カードローンを利用していて、相手から金利を下げるという連絡を待つよりは、自分から交渉した方が早いのは確かです。

利用実績が長く、しかもきちんと返済を行っているのであれば、カード会社側でも交渉に応じてくれる可能性は高くなります。金利を下げるというのは一見カード会社側には不利に見えますが、ここで交渉に応じないで他社のカードローンを利用されるよりは、交渉に応じた方が企業側にもメリットがあります。

カードローンにおいて、きちんと借り入れをしてくれて、しかも返済もしてくれる顧客は、手放したくない貴重な顧客です。

他社で借り換えをする

今使っているカードローンから、金利の低い他社に借り換えをするというのは、交渉の必要のない簡単な方法です。単純に新たなカード会社に追加で申し込むのもいいのですが、金利の高い所から借り換えをしてくれる顧客は、他社にとっても優良な顧客です。

カード会社としては利用してくれるほど利益が出ますが、他社での借り入れ分を丸ごと借り入れしてくれるので、かえってありがたい位です。複数のカードローンでの借り入れを一本化する、「おまとめ」としての融資に力を入れているカードローン会社もいくつもあります。

金利を下げる3つの方法の中でも、借り換えは最もお勧めな方法です。ただし、どの方法を取るとしても、普段の返済をきちんとしていることが前提条件となります。返済遅れが常態化している顧客に対して優遇するカードローン会社はないと考えましょう。

トップへ戻る