専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

返済が遅れたら取り立てが来る?

世の中には色々な人がいるので、カードローンをいざという時しか使わない人もいれば、頻繁に利用して返済額が膨らんでいく人もいます。その全ての人が、期日にきちんと返済するわけでもありません。中には平気で何ヶ月も返済を無視するような人もいます。

カードローンも金融会社にしてみれば営業活動なので、返済してもらえなければ経営が成り立ちません。カードローンの返済が遅れた時には相応の対応を取らなければなりませんが、ドラマや漫画で見るような、恐ろしい取り立てがあるのか、これについてはドラマのような展開はありません。正確に言うならば、今はなくなったという方が正しいです。

厳しい取り立てはなくなった

ドラマであるような、頻繁に電話がかかってきたり、職場に取り立てにきたり、家に金返せと張り紙を貼ったりというような事例は、現在はありません。

貸金業法という法律では、取り立て方法についても非常に細かく制限されています。法改正後、実際に大手の消費者金融の取り立て方法が問題になり、今はカード会社も細心の注意を払っています。

制限されている取り立て方法

まず、脅しは全般的に禁止されています。暴力を振るうのは論外で、大声を出したり威圧的な態度をとったりも禁止です。拉致監禁も問題外ですし、じっくりと話す位しかありません。それも夜間の電話や訪問は禁止ですし、債務者に帰れと言われれば従わなければいけません。

そんなに制限されて取り立てができるのだろうかと思いますが、貸金業法では債務者側に不利益がないように規制を設けています。

これだけではありません。ドラマでは家に張り紙を貼るような場面を見かけましたが、実際には張り紙どころか債務者以外との接触自体が禁止されています。つまり、親兄弟や会社の人、近所の人に伝言などを頼むのも禁止です。

これはプライバシーへの配慮で、カードローンの利用や滞納が第三者に知られるような行為が禁止されているので、言いふらしなども全て貸金業法に反する内容となるのです。

許されている取り立て方法は?

ほとんどの行為が禁止されている中で、許されている方法もあります。当たり前の話ですが、支払いの確認が取れない時に、本人の携帯電話へ確認の電話をするのは問題ありません。それでも自宅の電話にいきなりかけてくるのではなく、まずは携帯電話にかかってきます。

ただし、携帯電話で繋がらない場合には、家の電話にかかってくるようになります。携帯が繋がらないから家の電話にかけてくるのは仕方ないにしても、逆に言えば携帯できちんと電話に出れば、家の電話にすらかかってこなくなります。また、携帯電話への連絡も、1日1回程度の頻度であればかかってきます。

どちらにせよ、しっかりと連絡さえ取っていれば、たとえ返済が遅れてしまったとしても、利用者側に優しい状況になっています。

トップへ戻る