専業主婦にも対応をする銀行のカードローンなら、内緒で安心してお金が借りられます。

専業主婦がお金を借りる

スマホでも借りられる

専業主婦はカードローンを利用できないと諦めている方もいるかもしれませんが、最近では配偶者に安定収入があれば、専業主婦の方でもネット申し込みでお金が借りられる銀行カードローンも増えてきています。

たしかに消費者金融からの借り入れとなると、総量規制の関係もあって専業主婦の方の借り入れは難しいです。しかし、銀行の場合には、申し込み条件の上で専業主婦の借り入れを認めているのであれば、問題なく審査を受け、通過をすればお金が借りられます。

銀行なら消費者金融よりも金利が低い場合が多いため、返済が気になる専業主婦の方であっても、利息の負担を抑えたゆとりのある無理のない返済計画の下で、カードローンの利用ができるのです。

急な出費ですぐにお金が必要な専業主婦の方でも、素早い手続きのカードローンを選ぶようにすれば、最短即日での借り入れも可能です。内緒で秘密にしたままの契約ができますので、配偶者には知られずに借りたい方でも安心です。

配偶者への確認や同意は不要

専業主婦でも借りられる銀行のカードローンは、配偶者に安定した収入があれば、申し込みの際には同意や確認は不要とするものがほとんどです。借りる際に気になるのが「旦那の職場に確認がいくのではないか」「旦那の同意が必要なのではないか」といった点ですが、これらは一切不要となります。

  • 自身の信用によって借りるカードローン

カードローンは、基本として専業主婦本人の信用によって借りる契約となります。担保も保証人ももちろん不要であり、自身の返済能力が認められれば、誰にも知られずに内緒で秘密で契約ができます。

上記は何れも来店不要でネットで申し込みができ、金利も低い専業主婦でも借りられるカードローンとなります。それぞれの利用先には特徴がありますので、求める条件や希望内容に一致するカードローンを探し、リンク先の公式ホームページでしっかりと確認し、申し込みを進めて下さい。

  • 限度額内で繰り返し借りられる利便性

専業主婦カードローンの利便性の高さに、繰り返しの利用があります。一度契約をして限度額の設定がされると、返済のトラブルや他社の借り入れが極端に増えるなどが無ければ、解約をしない限りは限度額内で繰り返し借りられます。

枠を作っておけば必要なときにATMや銀行振り込みでいつでも借りられるので、借りたお金を払い切って完済をした後であっても、再審査は不要でそのままカードを使ってお金が借りられるのです。

郵送物の種類と取り扱い

カードローンの契約をWebで行うとなると、専用のローンカードが発行される契約の場合には、後日に自宅にカードや契約書類が届きます。みずほ銀行の「みずほMyWing」のようにキャッシュカードにカードローン機能が付く場合には、ローンカードの郵送はありません。

カードローンの申し込みと同時にみずほ銀行の口座を開設するとなると、キャッシュカードは郵送されます。ただ、専用のローンカードではため、例えカードを見られたとしてもみずほ銀行のカードでしかありませんので、問題は無いでしょう。

また、その他の郵送物としては明細や、銀行からの案内が届く場合があります。銀行からの案内はカードローン利用に関係なく郵送がされるものもあるため、気にするほどのものではありません。

  • カードの郵送が困る場合には

銀行のキャッシュカードなら良いですが、専用のローンカードの郵送がされると困る方は、郵送でのお届けとならない方法で契約をすると良いでしょう。一部の銀行カードローンで用意がされている契約機を使うと、その場でカードの受け取りとなるので後日のカード郵送はありません。

利用明細はWeb交付を使う

ネット上で明細を確認可能

利用明細については、多くのカードローンサービスで「Web交付」に対応しています。わざわざ自宅に送ってもらわずに、全てWeb上の会員メニューから確認をできるようにすれば、利用するたびに明細が自宅に送られるのを防げるようになっています。

専業主婦で自宅にいる時間が長ければ、届いた郵送物は誰にも見られずにそっと隠すことも可能です。とは言え、なるべく配偶者にカードローン利用を知られる可能性を無くしたいと考える方は、上記の手順も一つの方法として考えておくと良いでしょう。

返済の計画をしっかりと持つ

カードローンはサラリーマンが借りるとしても専業主婦が借りるとしても、共通して平等に返済をする必要があります。専業主婦だからと言って銀行も大目に見てくれるわけではありませんので、しっかりとした返済計画の下で、計画的にカードローンを利用しなければなりません。

基本としてカードローンは借り入れ金額が増えれば返済金額も増えるため、月々の支払いが心配であれば、多くを借りないのが一番です。いくら銀行が低金利だからと言っても、限度額があるからとどんどんと借りてしまえば、月々の返済負担は大きくなってしまいます。

必要なお金に絞って少額の借り入れとすれば、専業主婦の方でも無理のない返済ができる範囲での、安心のカードローン利用となるのです。

専業主婦のカードローン返済の心得

安心の専業主婦カードローンのために

カードローンの返済は、「余裕を持って行える範囲」としてください。何らかの臨時収入によってお金が余った場合には、上乗せや前倒しでの返済をしておけば今後の利息負担も軽くなり、より早くに完済ができるようにもなります。

無理な返済は専業主婦カードローンでは致命的なミスとなりかねませんので、毎月の余剰資金から返済可能な金額を考え、そこから借りる金額を決めていくようにすると、失敗しづらいカードローン利用ができるようになるのです。

借り入れ金額ごとの返済金額

専業主婦でも借りられる多くのカードローンでは、借り入れの金額によって各回の返済金額が決まるようになっています。限度額や極度額ではなく借りている金額による返済金額となるため、大きな金額を借りなければ返済金額も少なく抑えられます。

また、各カードローンでは約定返済金額以上の任意での返済を受け付けているので、お金に余裕があるときには多めの入金を進めることも可能です。余ったお金、余裕のあるお金を返済に回しておけば完済も早まり、最終的な支払い総額を抑えられるようになります。

返済は余裕を持って進めるべきでもあるので、いくら借りたらいくらの返済金が必要となるのかを確認し、無理のないプランで返済ができるようにしましょう。

返済金額が少ないメリット

同じ借り入れ残高でも返済金額はカードローンによって異なり、毎月の約定返済金額が50万円までの利用で最も小さくなっているのがソニー銀行カードローンです。金利にも優れるカードローンのために専業主婦の方にも人気で、余裕のある返済ができると注目を集めています。

毎月の返済金額が小さく少なく設定されていれば、月々に少しずつしか返済ができない専業主婦の方でも借りられるので、返済を不安に感じることなくカードローンの利用が可能となります。毎月の返済が3~4,000円までしかできないのであれば、例えばソニー銀行カードローンで借りるなら借り入れを10万円以下、或いはギリギリではあるものの20万円以下の借り入れに留めれば良いです。

専業主婦の方がカードローンの利用を検討する際に、「○○円ずつの返済しかできないけど借りられるか」とする質問や疑問は多いです。1,000円となるとさすがに厳しいですが、2,000円やそれ以上の返済が毎月継続して可能であれば、借り入れ先をしっかりと選び、借り入れの金額を抑えることで問題なく安全にカードローンの利用が可能です。

  • 返済金額から借りる金額を決める方法も

カードローンでいくら借りるかを判断する際には、返済金額から見ておくのも良い方法です。みずほ銀行のみずほMyWingを見ても分かるように、借り入れ金額が小さいからと毎月の返済金額は必ず少なくなるわけではないので、いくらずつの返済で借りられるかをまずは確認をし、専業主婦のカードローン利用を考えてみましょう。

毎月の返済は約定額を入金していれば問題はありませんが、約定返済金額だけの入金では返済が長引く欠点もあります。毎月の返済負担は軽いのですが、一回当たりの返済金額が少なければ返済期間が長引くため、総支払額が大きくなってしまうのです。

専業主婦が借りる際の心配事

自身には収入を持たない専業主婦がカードローンを利用する際には、様々な心配事があります。申し込みにしても契約にしても返済にしても、利用をしたことが無い方にとっては、不明点や不安点も多いものです。

そこで、簡単に専業主婦カードローン利用における「よくある質問」としてまとめましたので、申し込み前に確認をしておきましょう。

カードローン利用はバレませんか?
配偶者に確認は入りますか?
配偶者の会社への電話や同意、確認は不要なため、各銀行ともプライバシーを守った手続きとして進めてくれます。トラブルが無ければ、内緒の借り入れも十分に可能となります。
契約のためには何が必要ですか?
必要書類は何ですか?
基本的には本人確認書類が1通あれば問題ありません。ただ、銀行口座の開設が必要な場合には、公共料金の請求書や領収書が必要となる場合がありますので、利用する銀行でご確認ください。
窓口での申し込みが必要ですか?
契約手続きは来店が必要ですか?
来店をせずにネット上での申し込み、郵送での契約ができるところが多いので、来店不要の手続きも可能です。また、カードローンの種類によっては、銀行に併設されている契約機を使うとより早い融資も可能となります。
返済が遅れるとどうなりますか?
旦那に取り立てがされますか?
配偶者の安定収入が条件となっている専業主婦カードローンの利用条件ですが、配偶者は保証人ではありませんので、返済が遅れたからと言って連絡が行くわけではありません。あくまで専業主婦本人への連絡、通知となります。
怪しいところでは無いですか?
専業主婦の融資は怪しいと聞きましたが?
専業主婦が消費者金融、貸金業者で配偶者の同意無しで借りられるとするところは、闇金融ですので危険です。しかし、銀行の場合には貸金業法で定める総量規制の影響は受けないため、専業主婦でも安心して借りられるのです。
  • 専業主婦の安心カードローン利用のために

専業主婦でもお金が必要になることはあります。周りには頼りづらいお金の悩みであっても、安心の銀行カードローンなら内緒で秘密でお金が借りられます。もちろん借りすぎには十分に注意をする必要がありますが、返済の計画を持って借りていくのであれば、カードローンは暮らしに役立つ便利なものとなるのです。

専業主婦が消費者金融で借りられないとなると焦ってしまい、怪しい悪徳業者や闇金融に引っかかってしまう場合もあります。お金のピンチだとしても焦らず落ち着いて、信頼のできる専業主婦でも内緒で借りられる銀行のカードローンを利用するようにしましょう。

トップへ戻る